胆振日高支部長挨拶

                                一般社団法人日本アマチュア無線連盟                                                                                         胆振日高支部長  加  藤   篤 

(JA8DGD)    

第46回胆振日高支部大会支部長挨拶

 支部大会に当たり一言ご挨拶申し上げます。本日は髙尾会長・正村北海道地方本部長のご出席を賜りありがとうございます。
 昨年、今年とコロナ感染が拡大し、昨年から支部事業を中止せざるを得ない状況が続いております。このブランクは支部事業に与える影響が大きく、当支部としてはコロナ感染対策を行い、8月1日には世界遺産縄文特別局「8J8JOMON」の開局式を行い、本日は支部大会の開催を行いました。また、支部コンテストでは昨年、今年と参加局が増大し、うれしい限りです。
 現代社会では少子高齢化・携帯電話の普及が進み、アマチュア局の減少が進みましたが、ここ数年は当支部も横ばい傾向にあります。しかし、地域クラブは減少、現在は苫小牧クラブ・伊達クラブ・えりもクラブの3クラブとなり、支部運営は困難を極めております。 これは、現在社会のほかの団体にも見られるように関心・必要性は認めるが参加されないと言う方が多い状況です。いずれにしても、組織は人を育て活動しなければ活性化が図られません。趣味のアマチュア無線を軸に、創意工夫に努めて参りたいと存じます。 
 今日は昼食なしの2時間の予定ですが、JARL髙尾会長の講演など貴重な機会ですので有意義な時間を過ごしていただければ幸いです。

 以上、簡単ですが挨拶といたします。

◎令和2年支部長就任挨拶                            

 本年の支部長選挙にて立候補し当選、第9回定時社員総会においてご承認をいただきました。支部長は2期目になりますが、。これまでの1期2年、支部会員の皆様にはご支援とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

 さて、新型コロナウイルス感染症の拡大により、支部大会をはじめ各種事業が中止され、支部活動を縮小せざるを得ない状況で会員の皆様には大変申し訳なく思っておりご理解を賜りたいと存じます。つきましては支部報を発行し、皆様に少しでも支部の近況をお伝えできるように努めて参ります。何れに致しましても、アマチュア無線は趣味の王様と言われるように個人それぞれが楽しむことができるわけですから、交信・技術の研鑽など自分にマッチした楽しみ方をコロナ感染症に負けることなく楽しんで戴ければ幸いです。JARL胆振日高支部は、北海道地方本部のもとで会員の皆様が活動しやすい環境の構築と事業を微力ながら行って参りますので宜しくお願い致します。

 最後に胆振日高支部会員皆様のご健康とご活躍を祈念申しあげ、ご挨拶と致します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする